成功への第一歩|訪問美容 基本の施術方法

施術方法は、最終的には自分がやりやすいスタイルを確立することが一番です。

ここでは、今までやっていたパターンを紹介したいと思います。

いいとこ取りして、オリジナル施術法を作ってくださいね。

成功へ導く 訪問カットの手順

施設でも、個人宅でもこのやり方をベースとしてました。

成功へ導く施術方法|施術に入る前にすること

施術に入る前に大切なことは、4つあります。

  1. 身だしなみ
  2. 挨拶
  3. 使用許可
  4. ヒアリング

身だしなみ

まずは、身だしなみです。

介護業界では、清潔感や明るさが求められます。

逆に言うと、美容師らしい「おしゃれ感」「最先端なスタイル」などは求められていません。

    介護業界に求められるイメージ
  • 清潔感
  • 明るさ、爽やかさ
  • 真面目さ

服装は極力シンプルに、襟付きの方が高感度が高いです。

アクセサリー類は控えめな方がベストです。

でっかいピアス、ジャラジャラしたブレスレット…は、

訪問カットではマイナスのイメージです。

一度鏡を見て、服装に乱れがないか、客観的に印象がいいか?を確認しましょう。

挨拶

どのお仕事でも挨拶は大切です。

介護の現場では、忙しいスタッフの方、耳が遠いお客様などにも認識してもらえるように

大きな声ではっきりと

「訪問カットに来ました!◯◯です!よろしくお願いします!」と挨拶しましょう。

施設では、すれ違うスタッフの方、利用者さん全員に挨拶します。

廊下では、ずっと「おはようございます」と言いながら歩いてました。

結果、訪問カットの◯◯さんは、元気な挨拶で気持ちがいいと高評価。

結果、系列の施設に紹介されてお仕事が増えました。

スタッフさんが、サロンのお客様になりました。

いつどこで、誰があなたを評価するかわかりません。

関わる方全員が未来のお客様だと思って、挨拶しましょう!

使用許可をもらう

訪問カットでは、設備を借りることが多々あります。

例えば

  • 駐車場
  • 電源
  • 水道 
  • 椅子、テーブル など

いつも借りている場合でも、「お借りしてもよろしいですか?」「お借りします」と必ず使用許可を取りましょう。

前はそれで良かったけど、今はルールが変わっていると言うこともありますよね。

あくまで場所を「お借りしている」ということを忘れずに!

ヒアリング

今日のカットについて、本人、施設担当者、ご家族にヒアリングをしましょう。

その際、誰がキーマンか確認した上でヒアリングします。

最終的なOKを誰がするのか、と言うことです。

  • 長さや色
  • スタイル
  • 困っている点(改善策を提案)
  • 体調
  • 施術時間

体調面を確認することは特に大切です。

施術可能な時間が限られたり、事故を防ぐ目的もあります。

今日もお変わりないですか?と一言声をかけてから、施術に入るようにしましょう。

成功へ導く施術方法|カットの手順

ここからは、具体的な施術の流れについて説明します。

シートで養生

まずは、カットする場所を整えます。

ブルーシートなどで、床を養生しましょう。

施術中ずれないように貼ってはがせる「養生テープ」で固定するとやりやすいです。

テープを使用するときは、必ず施設担当者やご家族へ了解を取りましょう。

道具をセット

ドライヤー、鏡、タオル、バリカン…etc、使いやすいように並べましょう。

お客様が座る椅子については、お借りできる場合がほとんどです。

できれば肘掛があるタイプを借りれると、お客様が安定して座れます。

施術中、上履きを履きましょう。

毛が散らからないよう、シートの上だけ履きましょう。

シート以外で履くときは、毛を綺麗に取り除いてから履きましょう。

お客様をご案内

どんな風にカットするのかヒアリングをしましょう。

ここで大切なのは「誰に」ヒアリングをするか?です。

認知症の方はトラブル防止のためにも、必ずご家族や施設担当者に施術内容を確認しましょう。

また、その施設・病院によって、方針が違います。

どのような患者さんがいて、どのような方針なのか、よく担当者から話を聞き、情報取集をしておきましょう。

カット開始

髪を濡らし、カットし始めます。

施術中も、お客様、ご家族、施設担当者へ「このような感じでいいですか?」とコミュニケーションを取りながら、施術します。

よく言われるのが「スッキリ」してほしい、という要望です。

特に衿足から耳周りについては、気をつけてカットしていました。

施設担当者もご家族も、「衿足」や「耳周り」を見て、カットされているかを判断するからです。

「切った感」がしっかり伝わるように、意識しましょう。

ドライヤーで切った髪を飛ばす

訪問カットの場合は、シャンプーしない場合も多いです。

よって、切った髪を落とす作業が必要です。

いわゆる「早床」と言われるチェーン店などでは、掃除機を繋げ、毛を吸い込むタイプを使ってますよね。

吸い込みタイプもいいと思うのですが、一度に複数名施術する場合、何台掃除機を持っていけばいいのか…となります。

一番手軽で簡単なのは、ドライヤーで飛ばすこと。

結構綺麗になりますよ。

ヘアセットをしよう

ただカットするだけではなく、セットしてあげましょう。

サロンの雰囲気を味わってもらうのです。

施設によっては、セット剤をつけることを嫌がる場合もありますので、確認してからセットしましょう。

特に女性は、セットするだけで表情がキラキラします。

訪問理美容師としての喜びを感じられるシーンです。

髪の毛一本残らないように後片付け

訪問カットで評価されるポイントの一つ、それは 後片付けです。

施設担当者やご家族の手を煩わせないことが喜ばれます。

服や体についた髪の毛が残ってないか、床や家具・備品に髪の毛がついてないか。

ここまでやるの?と思われるくらい大げさに掃除しましょう。

手を抜くと、「片付けが汚い」と一気にクレームになります。

やりすぎて損はありません。

お会計・次回のアポ取り

最後に会計をします。

今回の施術について、施設担当者やご家族に伝えたいことがあれば、ここで説明することもできます。

  • 今日の◯◯さんのカット、こんな点に注意してやりました(補足説明)
  • 生え癖の関係で、どうしてもこのスタイルはハネが気になります
  • 気になる点があれば、連絡ください など

また、可能であれば次回の予約も取り付けましょう。

忘れないように、カレンダーに書かせてもらうのもいいですね。

日程が決まらなくても、営業チラシを置いていくなど、次の予約につなげる足跡を残していくことも大切です。

訪問理美容 成功へ導く考え方

訪問理美容の現場は、サロンとは環境がまったく違います。

場所はもちろん、お客様の健康状況、施設担当者やご家族との関係など、サロンでは気づかう必要のなかった点が重要視されます。

サロンワークと同じようにやればいいんだよね?と思っているのでは、成功は難しいです。

全く未知の仕事を始めると思って、スタートしましょう。

特に重要なポイントは、

  • 場所を借りていることへの気遣い
  • 要望を確認する相手を間違えない
  • サロンで施術しているように感じる工夫
  • お客様を素敵にする!という気持ち
  • 必要な道具を使いことなす

です。

ここができるか、できないかで結果は大きく変わるります。

道具については、以下リンクにもまとめてます。

訪問理美容の道具 ー基本のカット編ー 訪問理美容 売上アップのために必要なツール4選 訪問理美容の道具 ーカラー・パーマ編ー

訪問理美容 施術成功の鍵は

お客様ご自身の要望ももちろん大切ですが、成功の鍵を握っているのはご家族や施設担当者です。

施設・お客様によって、要望するものが違いますのでよくコミュニケーションをとり、何を求めているのかヒアリングをしましょう。

  • ご本人に施術内容を伺っていいのか
  • 施設担当者(ご家族)に主導権があるのか
  • どんな施術を求めているのか

を把握できれば、あとはあなたの技術でお客様をステキにするだけです。

気を付けるポイントは小さいけれど、一つ一つ積み上げることで評価は変わってきます。

あなたの技術が評価されるように、地味な作業も手を抜かないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA