訪問理美容で新規注文が必要なワケ

訪問理美容 元営業 しるこです。

今日は「注文をもらい続けるためには、どうしたら良いか」について書いてみようと思います。

なんで注文をもらい続けなくてはならないのか?

お客様も、私も年をとります。

残念ながら、今訪問カットしているお客さんも、今の状態が続くわけではありません。

今は在宅でカットしているお客様も、もしかすると施設に入るかもしれません。施設では、業者が入っているので、特別にカットさせてもらえない場合もあります。お客様を一人失いますよね。

だから、常に新規でお客様を獲得し続けなくてはならないのです。

人は忘れてしまうもの

みなさん、訪問カットで注文をもらう時、どのような方法でもらってましたか?

曜日固定は簡単です。Aさん(または施設)は「毎月第3水曜日」と決めてしまうのです。

そうするとスケジュール調整も楽ですし、数日前にお電話して確認するだけ。

でも、お客様の都合で固定できない場合もあります。もしくは、決めても、ずれ込んでしまう場合もあります。

さらには、「また、伸びた頃に注文しますね〜」というパターン。これは危険。いつになるかわからない、というより次に注文をもらえるかわからない!

さぁ、そんな時はどうすればいいでしょう?

訪問理美容の日を忘れないで!というメッセージを送ろう

施設の方は、日々の業務がとても忙しいです。

家族への連絡、病院への付き添い、食事の準備・介助、入浴介助…挙げたらきりがないくらい、多岐な仕事をこなされています。

その中で、利用者さんの「カット」はどの程度優先順位が高いと思いますか?

多分、結構後回しなのではないかと思います。(そりゃ仕方ないよね、と思います)

つい忘れがち、つい後回しにしがち、そして「あ!もうそろそろやらなきゃ!」ってなるパターン多いと思います。

日付が近いと、他の予約の兼ね合いでスケジューリングが難しくなりますよね。

即答したいけど、できない。→ 調整してまた連絡 →日付合わない → また調整…と、なかなか決まらないこともありました。

そのような状況を防ぐために、先に予約を埋めてもらうのです。

私がよくやっていたのは、こんな方法です。

注文を確実に貰うための工夫
  • 次の予約日を決め、カレンダーに書いてもらう。
  • もうすぐカット時期ではありませんか?というメッセージとともにfaxを送る。
  • 施術の際に、「次のカット予定は●月●日頃です」「注文は●日頃までにお願いします」とカード(シール)を渡す。
  • 「◯◯通信」、「△△たより」など、日々のことを記した新聞・手紙を作ってfaxや郵送する。

一見地味です。でも何もしないと忘れられます。

だから、「私いますよ〜」「もうすぐカットですよ〜」ってお知らせしてあげてください。

特に初めて注文もらったお客様〜2、3回注文もらうまでは(要は固定客になるまでは)必ずやった方がいいです。

一生懸命なという姿勢も伝わると思いませんか?

ネットで空き状況を知らせる

今、サロンでは、ネット予約がかなりの割合で普及しています。

なぜか?電話で予約するというハードルが高いと感じているからです。

自分が予約したいタイミング=電話予約可能時間ではないからです。

これは訪問カットでも言えます。

施設の担当者が夜勤の時、ネットで調べているかもしれないですよね?

空き状況を先に確認し、スケジュール調整したいかもしれない。

そのニーズに応えてくれる=予約しやすい業者となり、事前の予約率が上がるのです。

ネットでできる予約を取る工夫
  • ホームページを作り、空き状況がわかるようにする
  • SNSで空き状況を発信する
  • 専用のlineアカウントで、常時メッセージ(予約依頼)受信を可能にする

まとめ

利用者さん、ご家族、施設担当者の「困った」「面倒」「忘れてしまう」を解決してあげることで、早期の予約率を上げ、スケジュールや人員の調整がしやすくなります。

一見地味な作業ですが、既存のお客様でも、常に”新規営業するくらいの気持ち”で相手にアピールしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA