おうち時間は雑誌読み放題で楽しむ!|楽天マガジン

楽天マガジンのメリット

幅広いジャンル 450誌

楽天マガジンは178種類、

バックナンバーを含めて450の雑誌を読むことがきます。(2020年4月現在)

ファッション系、ライフスタイル系はもちろん

ゴルフなどのスポーツ雑誌も充実しています。

ワンクリックで雑誌を開けるので、

今まで、” 読者層が違う ”と無意識に手に取ることのなかった

「新しいジャンルの雑誌」を見つける楽しみもあります。

楽天マガジンで読める雑誌の一例

ジャンル雑誌名(抜粋)
女性ファッション・ビューティーPrecious、LEE、Marisol、Storyなど
女性ライフスタイルサンキュ!、LDK、CREA,ミセスなど
男性ファッションMEN’S NON-NO、Fine、
MEN’S EXなど
男性ライフスタイルCasa BRUTUS、HOT-DOG PRESS等
スポーツ・アウトドア週刊ゴルフダイジェスト、Tarzanなど
IT・ガジェット月刊グッズプレス、週間アスキーなど
ビジネス・経済週刊ダイヤモンド、日経マネーなど
ニュース・週刊誌週刊文春、FLASH、女性自身など
グルメ・トラベルdancyu、ELLE gourmetなど
趣味・娯楽週刊ファミ通、ザテレビジョンなど
家事・インテリアオレンジページ、ESSEなど
国内旅行ガイドるるぶ沖縄、るるぶ伊勢志摩など
海外旅行ガイドるるぶ韓国、ハワイスタイルなど

一つの登録でスマホ・タブレットが5台まで使える

家ではタブレット、外ではスマホ、家族と共有と

一つの登録で最大5台まで使うことができます。

もちろん同時に使うこともできるので、

リモコンの取り合いみたいに揉めることもありません。笑

特に美容室など、サービスの中で雑誌を多く使用する業態では

お客様の満足度をあげたり、コストを下げるのに使えます。

楽天マガジンはアプリが使いやすい

本と同じように「ふせん」を挟んだり、「目次」もあります。

デジタルなので、目次のお目当ての記事をクリックすれば

すぐ記事に飛べ、読みたい記事だけサッと読むことができます。

新着記事の中身をランダムに表示する「記事から探す」を機能もあるので

トレンドの記事だけを簡単に読むこともできます。

例えば

ビジネスマンの間では何が流行っているのかな?と思ったら

「IT・ガジェット」もしくは「ビジネス・経済」を選んでみると

「差をつけるデジタルグッズ」「ポイント&スマホ決済」「Apple春の新製品」

なんていう記事が出てきます。

普段、自分では手にとならにような記事・情報が入ってくるので、

新しい発見があって面白いですよ。

楽天モバイルアプリのお勧めポイント
  • ふせん機能があるので、本と同じ感覚で読み進められる
  • 目次をクリックすれば、記事にすぐ飛べる
  • 新着、雑誌名、人気順から雑誌を探せる
  • 雑誌名から検索もできる
  • ランダムに新着記事がアップされ、直接気になる記事ページに飛べる

楽天マガジンはオフラインで読める

たくさんの雑誌をダウンロードしたら、スマホの通信量が結構かかるんじゃ…と

不安に思いますよね。

楽天マガジンは、事前にダウンロードをしておけば

インターネットに接続していなくても読める機能が付いていています。

私は、読みたい雑誌を事前に自宅でダウンロードしておけば

スマホでは通信量を使い切る心配もありません。

楽天マガジンはバックナンバーが充実

本屋さんでは、なかなかバックナンバーは置いてないですよね。

お気に入りの雑誌を見つけたけど、そのバックナンバーを手に入れるためには

ネットなどで取り寄せになることがほとんどです。

楽天マガジンなら、基本的に2〜3冊、多いものだと17冊も

バックナンバーが用意されています。

本屋さんにはもう並んでないバックナンバーも、気軽に読むことができます。

楽天マガジンのデメリット

配信が遅いものがある

一部の雑誌で、

発売日(本屋さんに並ぶタイミング)で配信されないものがあります。

私がよく読む日経WOMANは、発売日は7日ですが配信は23日頃と

約2週間遅れの配信ですが、このくらいなら許容範囲内と思ってます。

見れない記事や写真がある

著作権の関係で、芸能人の写真、広告、一部記事などは

見れないものがあります。

巻頭の芸能人の特集記事の写真が、見れない!(グレーのシルエットになる)と

いうこともあります。

ちょっと残念な気持ちになりますが、目的の特集記事が読みたい!というときは

現物を買いなおせばいいかなと思っています。

(今のところ買ったことはありませんが)

懸賞やプレゼントの応募ができない

巻末に ”読者の方へプレゼント” と懸賞の企画があっても、

懸賞=購入した人への特典となるため、応募自体ができない場合があります。

また、付録についてもデジタル版にはついてませんので、

付録が目的で雑誌を買うことが多い方は、注意が必要です。

楽天マガジンのコスパ

楽天マガジンの月額使用料は?

楽天マガジンの月額使用料:380円(税込418円

楽天マガジンは、税込418円なので業界最安値です。

雑誌1冊買うより安い価格に設定されています。

毎週週刊誌を読む、毎月1冊以上雑誌を買うのであればお得になる計算です。

さらに年間契約をすると3,600円(税込3,960円)と1,056円もお得になります。

年間契約の場合、月換算で計算しなおすと使用料は330円(税込)になります。

スタバでお茶するのを1回我慢したら、

ランチを1回お弁当にしたら捻出できる金額です。

今なら初回登録の31日間は無料ですので、今月雑誌を買う予定があるなら

まずは無料登録で体験してみることをお勧めします。

楽天ポイントで支払いができる

楽天会員であれば、楽天ポイントで支払いができます。

楽天市場での買い物はもちろん、楽天カードや楽天Payなど

楽天」とつくサービスを使うことでポイントが貯まりますので

現金を使わずに、雑誌を読み放題することもできるんです。

実質タダで、雑誌が読み放題ができるなんてコスパ高すぎです。

普段の買い物を「楽天」を意識して使うだけで、ポイントは溜まるので

お小遣いの少ない主婦でも、気兼ねなく利用できます。

もちろん、期間限定ポイント(期限内に使えないと消えてしまうポイント)も

使えますので、ポイントの消費方法に困っている方にもお勧めです。

雑誌読み放題は 楽天マガジンから始めよう

楽天マガジンの上手な使い方

私は情報集のため、本を読むことが多いです。

主にビジネス本を読みますが、今は読み終わった本はリサイクルできますよね。

読んだ後は

手元に残しておきたいとき ▶︎▶︎▶︎ 本棚へ保管

手放してもいいと判断した時 ▶︎▶︎▶︎ メルカリで売る

と決めています。

スペースの関係と、次の購入資金捻出のため、読んで→売ってというサイクルで

たくさんの本を読めるシステムにしています。

雑誌の場合は、「旬な情報」を扱っている媒体なので

時が経つと価値が減ってしまいます。

要は後から売ろうとしても売れない=ゴミになってしまうということです。

なので最低限のコストしかかけたくないんです。

私は、

  • 「旬な情報」は極力コストをかけない
  • 後から売れる「情報」= 本 はデジタルではなく現物を買う

と決めています。

その点、楽天マガジンは優秀です。

お金だけではなく、自分の労力というコストも削減できちゃうので

控えめに言っても最強です。

楽天マガジンを選ぶ理由
  • 少ないコスト(月330円〜418円)
  • 雑誌なので旬な情報を得れる
  • 年代、ジャンルを問わない雑誌をたくさん見れる
  • 破棄するコストがかからない
  • 購入する時間コストがかからない
  • ポイントで実質負担ゼロ

こんな人は楽天マガジンを使いこなせる!

楽天マガジンを愛用している私が

コスパよく楽天マガジンを使いこなせそう!と思うのは

とにかく忙しい人!

そして、雑誌を多く扱うお店を経営している人です。

楽天マガジンを使いこなせる人
  • 外出自粛で本屋に行けない人
  • ゆっくり雑誌が読めないママ
  • お小遣いの中で、本・雑誌を買っている人
  • ビジネス週刊誌を毎週読んでいる人
  • マーケティング関係のお仕事をしている人
  • 美容室を経営している人

費用対効果(かけたコストに対して回収できるもの)が高いので

リアル雑誌から、ネット雑誌へ移行するのがオススメです。

電子書籍、雑誌を検討している人は、まず楽天マガジンの31日間無料登録から

始めてみましょう。

\\ お申し込みはこちらから //

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA